バイナリー用の手法ですが、その他大勢の手法とは少し毛色が違います。

何が違うかというと、エントリーチャンスが極端に少ない点、
そしてとある指標を利用する点です。

トレードの流れは以下の通りです。

<エントリーまでの流れ>
1.「ある日」の夜中の指標を確認。
2.「ある指標」発表の数値を確認。
3.前回より発表数値が良かったら「ロー」。悪かったら「ハイ」。の準備。
4.発表後の約4分後に「ある通貨」で「5分エントリー」する。

<エントリー方法>
1.例えば、指標発表が23時00分。
2.数値が発表され、サイトに掲載されるのが、23時00分30秒。
3.その後、前回と今回の数値を確認。
4.エントリー時間は、23時05分00秒でエントリー。
5.取引時間は、5分です。

(ポイントは、指標発表国ではなく、別の国の通貨でエントリーするというとこです)

コレまでの結果としては勝率が7割以上が多いですね。
マーチンも使用するようですが、これはやらなくてもいいようです。

そのため、短期のバイナリーをされる方にはオススメ出来ませんが、長期的な視野を持ってコツコツ続けられる方には良い手法だと思います。

おすすめの記事